天界は毎日暇なのだ

糞記事製造器

【S12使用構築】破壊の紅翼〜鉄のサイクルと時空最強サザンを添えて〜【最高2094最終😇】

皆さんこんにちはてんしというものです。
まだ期間はあるものの完全にやる気亡くなったので今回はS12で使った構築の紹介をしていきたいと思います。
今シーズンは自分としてはなかなか早い段階で2000を達成、瞬間一位もとることができたので結構満足しました。
先に言いますが、この構築はとある人の並びを参考にして組んだのでそこのとこを了承お願いします。
【使用パーティー
f:id:bfessaakuru:20181012023444j:plain
【構築経緯】
S11では最高201×台の最後まで舞いきれなかったため一度人の構築を丸パクリしてみようというところから始まった。そこでTwitterのTLで2ROM2100を達成しており、なおかつ見た目もきれいで使いたいと感じたのがTerryさんが使っていたこの並び。
f:id:bfessaakuru:20181003082118j:plain
そして色々調べてみたところTerryさんはパラリーさんの構築を参考にしていると聞き僕もそこから参考に組むことから始めた。
そして数戦回してみたところ、元の構築のフェローチェの部分をどうしても使いこなすことができず、代わりになるやつがいないかなぁと考えていたところ、自分としてのフェローチェの役割はポリゴン2に膝、ボーマンダにれいびで弱点を突くことが理由だと思い(こんなんだからフェローチェ使いこなせない)、この二匹には確実に仕事できる駒を色々考えた結果ポリゴン2を誘いながらはたき+地面Zで崩しを行え、舞ったボーマンダに対しても一致礫で縛れるはたきZマンムーに変更。
そして、ボルトロスも受け構築以外にほとんど出さず、それなら受けパーティピンポなポケモンをいれた方がいいのではと考え出し、FFで仲の良いくにこぽけが使ってたふるいたてる格闘Zサザンを途中から入ってたりもしてた。
本構築を組む際にの参考にさせていただいた記事(許可取済)
http://parabako.blog.fc2.com/blog-entry-279.html
ちなみに改めて元記事を見返してみたらコンセプト崩壊してました(笑)。いや(笑)じゃなくてね
【個体紹介】
ボーマンダ NNこわいかお!
f:id:bfessaakuru:20181003131801j:plain
持ち物メガ石 性格ようき
H181(84)A191(204)B151(4)D112(12)S183(204)
やつあたり じしん
りゅうのまい はねやすめ
A…H131-B100ミミッキュを八つ当たりで確定1発

S…最速ジャローダ抜き

B,D...メガ前DL対策
残りH

圧倒的数値で殴っていくメガ枠。もはやポケモンではなくバケモン。
出すだけで選出時のパワーとスピードが確保されるのでよほど通りが悪くない限り出してた。
後述のステロヒードランとの相性の良さを考え竜舞型に、ナットドランとのサイクルとバシャを受けるために羽休め搭載。
参考の記事ではリザードンを意識した調整だが、アムハングロスが増加した今、後述のナットレイだけでメタグロスを対策することはほぼ不可能と考え、削れたグロスに上からじしんをうてる恩恵の方が大きいと考え陽気で採用した。
実際ナットドランを見て出てくるカミツルギルカリオ辺りにも上をとれたりと陽気の恩恵は非常にあったと思う。
構成関しては竜舞羽は先ほどと同じ、捨て身タックルは相手のマンダのやつあたり2耐え耐久調整を崩すことができたりするが、反動による体力管理が難しいのでやつあたり、メタグロスを上から弱点を突けるじしんと特に言うことはない。
早くてじしんを持ってるマンダはグロス入り含め色んな相手に出していける点がすごく強かった。唯一のメガ枠にふさわしい活躍だったとおもう
マンダグロス対面じしん安定
カプ・テテフ NNクラウンP
f:id:bfessaakuru:20181003212655j:plain
持ち物こだわりスカーフ 性格おくびょう
H145A×B95(4)C182(252)D136S161(252)
サイコキネシス ムーンフォース
サイコショック シャドーボール
個人的に最強クラスのスカーフ枠。久しぶりに使ったらばかみたいに火力あって今まで使わなかった自分を殴った。
相手の鋼枠を疲弊したあとにこいつを出したらなかなか止まらない。
性格は参考の記事通り臆病。
後述のヒードランのステロやナットの鉄刺+ゴツメの削りでおくびょうでは足りないと言われる火力も補えるため火力不足と感じる場面がほとんど感じなかった。
素早さが一段階した準速リザードンウルガモス、メガバシャ、HDボーマンダ等を上から殴れたり、最速襷ランドの岩石を食らっても上から動けたりと、最速にしたことによって出来る立ち回りがかなり増えたので(この構築では)最速以外あり得ないと感じるレベルで強かった。
技構成は最大火力のサイコキネシス、タイプ一致で悪に弱点の突けるムーンフォースウルガモスや瞑想レヒレ意識のサイコショック、重いグロスにうてるシャドーボールとなっている。他の技がほしいと感じる場面もあったが、この構成が一番使いやすかった。
スカーフ持ちのエースにふさわしい抜き性能があったのでマンダナットドランの裏に置くスカーフ枠として最強クラスの性能だった
ダスト持ちゲッコと当たる度にダストの命中1%になれって毎回言ってた。
テテフグロス対面シャドボ安定
ヒードラン NN NitBagTruned
f:id:bfessaakuru:20181004001732j:plain
持ち物たべのこし 性格おだやか
H193(212)A×B127(4)C153(20)D165(188)S108(84)
H:16n+1
C:かえんほうしゃでH135D115メガゲンガーを高乱数2発
D:11n
かえんほうしゃ ステルスロック
みがわり ほえる
この型はパラリーさんの記事を参考にさせていただきました。
ステロ持ちのヒードランは風船を持って先発で仕事することが多いが、サイクルを回していくことを目的としてこのような構成。
テテフが微妙に足りてない火力をステロによって補い、ボーマンダと相性のいいステロ要因。じしん、きあいだま等を持ってないリザードンに対してかなり強いステロ撒きとしてかなり優秀だった。
リザードン以外にもテテフ、バレル、ガルド、ナットにもそこそこ強い。
どくどくや大地の力をもっていない弊害も無くはなかったが、それ以上にガルドやバナ、カグヤに対して安定するみがわりがとても強かったのでこの構成は本当に強かった。みがわりとたべのこしをちらつかせると、毒ドラン警戒の行動(マンダ、雨下のメガラグがみがわり)されるので、そこからステロ吠えるしていくのはなかなか楽しかった。
こいつ一匹で試合を終わらす構築も少なくなくとても強かった。
このパーティのきついところを頑張ってごまかしてた。
ランドドラン対面ほうしゃ安定
ナットレイ NNすぎもり
f:id:bfessaakuru:20181007031101j:plain
持ち物ゴツゴツメット 性格のんき
努力値(実数値)
H180(244)A115B189(164)C×D148(100)S22(最遅)
HB···ミミの剣舞ゴZ確定耐えと意地ガッサのマッパ2耐え
D···余り
ジャイロボール タネマシンガン
やどりぎのたね まもる
ヒードランと並ぶこのパーティーのMVP。とりあえずゴツメが強かった。
今回の構築ではカプよりミミガッサ、ギャラ等を意識したHBベースで採用。ギャラ、レヒレグロスアシレーヌがいたら積極的に出す。
最初は木の実で使ってたが、出てくるメタグロスにもっと仕事したかった+接触攻撃する相手に対する削れるスピードを上げるためにゴツメを持たせた。ちなみにH180なのはそれ(木の実)が理由です。めっちゃ呪いとか自然の怒りされたんでみんなはぶっぱしようね()。
その結果ほぼ出てくるガルーラにもやつあたりでてつのとげゴツメで触れてマンダテテフの圏内にいれたり、ミミッキュのシャドークローを受けテテフの圏内に無理やり押し込めたりとゴツメの役にたった試合はおおかった。とんぼとかにも刺さる
技構成は最初の3つは特に言うことはないですが、ラストにまもるを採用した理由は
ミミッキュやギャラのZ透かし。
・スカーフヒートロトム等のこだわり持ちに読み合いを有利にする。
・やどりぎと合わせて回復できる。
の3つ。
3つ目がなかなか重要で持ち物が回復出来る木の実や食べ残しじゃないので、体力管理が難しくなるのでまもるはかなり重宝した。
HB特化だけではD方面も心配だったのでBをガッサのマッバ2耐えまで落として残りをDに回した。不意のめざ炎を耐えたり、冷凍ビームに対しても余裕ができたりと恩恵があった割には、B方面で困ったこともほとんど亡かったのでこれで良かったと思います。
めざ炎ゲコナット対面ダスト読みジャイロ安定(これで2000乗った)。
マンムー NNたすきがけ
f:id:bfessaakuru:20181009014033j:plain
持ち物ジメンZ 性格いじっぱり
実数値(努力値)
H189(28)A200(252)B111(84)CxD81(4)S118(140)
HB:A216メガボーマンダの捨て身タックル確定耐え
ミミッキュのミミZ耐える
S:4降りミミッキュ抜き
つららばり じしん
こおりのつぶて はたきおとす
調整はカラーさんのものから参考にしました。(許可取済)
http://collar-erpk.hatenablog.com/entry/2017/11/11/175210
フェローチェから変えた枠でありコンセプトを台無しにた枠でもある。構築経緯のところにもある通りマンダとポリ2に強い枠を考えていたところS11の頃にジメンZマンムー入りの構築記事が多く、フェローチェと役割は全く違うもののこのポケモンがいいのではと考え採用。
この考えは大正解で、カバマンダガルドやポリグライドヒドといった構築にかなり有利に立ち回ることができた。
ジメンZの火力も高く、甘えたレヒレやナット後だしもじしん+ジメンZでぶっ飛ばす事も少なくなかった。
はたきおとすはポリ2の輝石、カビゴン等の木の実持ち、ゴツメ持ちなどにうっていき、ボーマンダを通しやすくなる非常に優秀な技だった。
こいつを使う上で感じたことは安易に礫を押さないこと。積極的に交代読みをしていくことでかなりのアドバンテージを得られやすいと感じた。マンムーはタイプ一致技だけで広く等倍以上がとれるもののつららばりのタイミングでルカリオメタグロスが出てくると、一気に不利になってしまいます(襷持ちではないのでなおさら)。しかし、グライオンランドロス対面でルカリオメタグロス交代読みでじしんを打つだけで試合が終わる事も多く、速攻で仕掛けるのことで生きるポケモンだなと感じました。
ガルドマンムー対面つららばり安定
サザンドラ NNウィザー
f:id:bfessaakuru:20181009014647j:plain
持ち物カクトウZ 性格ひかえめ
実数値(努力値)
H167AxB110C194(252)D111S150(252)
CSぶっぱ
あくのはどう きあいだま
ふるいたてる みがわり
参考記事(許可取済)
https://kuninipoke.hatenablog.jp/entry/2018/09/04/200141
時空最強ポケ。この枠はコロコロ変えたいった。最初はボルト(というか初2000まで)だったが、受け構築以外に、出す気が起きなかったので、受け構築ピンポイントでも強い枠をここに入れた方がいいのではと考えた結果、FFのくにこぽけが使ってたサザンドラがいいのではと考え、採用してみた。実際そういう構築はサザンドラバンギラスで見てるケースが多かったり、みがわりが本当に刺さったりと採用して正解だったと思う。当初の考えていた受けループ等にもバンバン出して、崩すのは気持ちよすぎた。ちなみにこいつを初めて採用したのはメインの2000からです。アホですね自分。
癖が強すぎるが故に体感選出率もぶっちぎりで六位でしたが、むしろ普通のパーティーに出す気が起きないせいか、サザン以外での勝ち筋を見つけやすくなったり、カビムドーに対する勝率もかなり安定したので、予想以上にこのパーティーとマッチしていた気がする。しかし、途中からこいつだけの型バレがひどく、ゲコレヒレが重くなったことにより今は解雇している。僕以外が使えば強いと思います。
こいつに安定行動はない

重いポケモン
メタグロス
きついけどテテフグロス対面シャドボうってたら割りと勝てた
舞炎パンor馬鹿力メガバンギ
最初の21チャレでこいつきて一番殺意ある
めざ氷バシャーモ
勝てたらラッキー
両刀ボーマンダ
オワオワリって無限回言ってた
めざ炎レヒレ
うんちぶり
格闘Zテテフとかもろもろ
はぁ
とりあえずキリがない
【感想】
S12おつでした。今期は中盤に一位にしばらく居れたことや、2000に自分個人として、かなり早くこれたのは本当に嬉しかった。ここまでこれたのもパラリーさんの構築記事のお陰です。陰ながらありがとうございます。
terry本人から応援されたり、2000達成時におめリプも来たりと、嬉しいことだら
けでした。
今みたら格闘弱点四匹となかなかヤバイですね(笑)。
ただ、中盤の二回の21チャレを負けと回線切れのせいで逃してしまい、その後は負の連載が続き、落ちきってしまったのが悔しいところ。
それでも、自分がここまでこれたのは初めてで、ここまで来てくれたポケモン達には感謝です。
ここまでの閲覧ありがとうございました。来シーズンも頑張りましょう。
f:id:bfessaakuru:20181028151357j:plain